CADを活かせる職業

CADの知識を習得すれば、活かせる職業はさまざまあるでしょう。では、どのような職業があるかというと、CADオペレーター・デザイナー/設計技術者/工業デザイナー/インテリアデザイナーなどがあげられるでしょう。例えば、「CADオペレーター」は建築や機械などの設計技術者が設計した図面を、CADを使って作図するもので、不動産などで扱う住宅間取り図などの作成なども行います。建築や機械など設計をする「設計技術者」にも今ではCADは欠かせない知識となっています。

「工業デザイナー」は身の回りにあるさまざまな製品を色や形、素材などを考える仕事ですが、3DのCADで正確に設計することは、実際にデザインを商品化するときに非常に有効です。以上のようにCADを活かせる職業は、物づくりの分野で活躍できるでしょう。

CADの資格を持っているだけでは十分とはいえず、実務経験が豊富であることが優遇されるという職場もありますが、なかには、未経験者であっても丁寧に指導するという職場もあります。そのような場合には、CADの資格を取得していることは就職に有利になるのではないでしょうか。CADの資格試験には、CAD利用技術者試験があり、基礎・1級・2級・3次元CADなどに分かれています。まずは基礎から始め、ステップアップしていくといいでしょう。