CADスクール

CADを使いこなすためには、まず一般的なCADの知識を学ぶことが必要となるでしょう。パソコンが主流でない頃は、「MICRO・CADAM(マイクロキャダム)」と「Auto CAD」のどちらかを選び学ぶといったスクールがありました。現在では、CADスクールもさまざまあり、建築関係や工業機械関係などそれぞれ分野ごとのコースに分けて学ぶことができ、業界で主流となっている「Auto CAD」は多くのCADスクールで学ぶことができます。

それ以外では、「JWCADWinコース」があります。これは建築・土木・機械の分野で使用されるWindows用の2D汎用ソフトウエアです。建築士が開発したフリーソフトで企業や個人向けに使用されています。CADソフトウエアはその他にもさまざまあり、アメリカ企業の汎用CADソフトウエアや数多くの日本の大企業により開発されたCADソフトウエアが販売されています。

それぞれ機能や使い方には違いがあるので、どのようにCADを学べばよいのか迷ってしまうでしょうが、一般的な知識があるとないとでは全く理解度が違いますから、ある程度の知識を習得しておくことがよいでしょう。知識があれば、異なる機種であっても経験を積むことでスキルを習得できるでしょうから、ひとつのCADの講座を経験するだけでもよいのではないでしょうか。