CADを活かせる職業

CADの知識を習得すれば、活かせる職業はさまざまあるでしょう。では、どのような職業があるかというと、CADオペレーター・デザイナー/設計技術者/工業デザイナー/インテリアデザイナーなどがあげられるでしょう。例えば、「CADオペレーター」は建築や機械などの設計技術者が設計した図面を、CADを使って作図するもので、不動産などで扱う住宅間取り図などの作成なども行います。建築や機械など設計をする「設計技術者」にも今ではCADは欠かせない知識となっています。

「工業デザイナー」は身の回りにあるさまざまな製品を色や形、素材などを考える仕事ですが、3DのCADで正確に設計することは、実際にデザインを商品化するときに非常に有効です。以上のようにCADを活かせる職業は、物づくりの分野で活躍できるでしょう。

CADの資格を持っているだけでは十分とはいえず、実務経験が豊富であることが優遇されるという職場もありますが、なかには、未経験者であっても丁寧に指導するという職場もあります。そのような場合には、CADの資格を取得していることは就職に有利になるのではないでしょうか。CADの資格試験には、CAD利用技術者試験があり、基礎・1級・2級・3次元CADなどに分かれています。まずは基礎から始め、ステップアップしていくといいでしょう。

CADスクール

CADを使いこなすためには、まず一般的なCADの知識を学ぶことが必要となるでしょう。パソコンが主流でない頃は、「MICRO・CADAM(マイクロキャダム)」と「Auto CAD」のどちらかを選び学ぶといったスクールがありました。現在では、CADスクールもさまざまあり、建築関係や工業機械関係などそれぞれ分野ごとのコースに分けて学ぶことができ、業界で主流となっている「Auto CAD」は多くのCADスクールで学ぶことができます。

それ以外では、「JWCADWinコース」があります。これは建築・土木・機械の分野で使用されるWindows用の2D汎用ソフトウエアです。建築士が開発したフリーソフトで企業や個人向けに使用されています。CADソフトウエアはその他にもさまざまあり、アメリカ企業の汎用CADソフトウエアや数多くの日本の大企業により開発されたCADソフトウエアが販売されています。

それぞれ機能や使い方には違いがあるので、どのようにCADを学べばよいのか迷ってしまうでしょうが、一般的な知識があるとないとでは全く理解度が違いますから、ある程度の知識を習得しておくことがよいでしょう。知識があれば、異なる機種であっても経験を積むことでスキルを習得できるでしょうから、ひとつのCADの講座を経験するだけでもよいのではないでしょうか。

Auto CADを学ぶ

CADには、2D(2次元)・3D(3次元)の違いだけでなく数多くの機種があり、建築関係や自動車関係、その他の電気・電子などの機械関係やインテリア関係・服飾関係など、それぞれの業界で使用されています。企業によっても使用しているCADの機種は異なりますから、それに伴ってそれぞれの専門知識も必要となるでしょう。しかし、近年では設計業務の未経験者であってもCADの使用で容易に設計をすることが可能となり、昔のような設計専門技術者との差が少なくなったといわれています。

CADは機種によって使い方に違いがあり、それぞれの業界によって使用されているCADの機種も異なることから、どのような業界で働くのかを決め、使用されているCADの機種を学ぶことが速くスキルを習得できる早道になるでしょう。現代では、「Auto CAD」が5割を超えるシェアでスタンダードとなっています。

「Auto CAD」には、「Auto CAD LT」という製品があります。Auto CADは、2次元機能と3次元機能の両方が使用できることが特徴で、Auto CAD LTは、2次元機能のみになっています。その分Auto CADに比べて価格が安く設定されています。また、株式会社グレバートジャパンが提供しているARES®のようなAuto CAD互換ソフトウェアもあります。Auto CADと同じ操作環境でありながら低価格となっているため、導入の際には選択肢に入ってくるでしょう。

CADとは

「CAD」という言葉をご存知でしょうか。CADとは、建築や工業製品の設計・製図など、コンピューターを使って行うためのシステムで、Computer Aided Designの略となり、現在では建築用・建築設備用・土木用・機械用・電気・回路などさまざまな分野で幅広く使われています

その開発の歴史は、まず1950年代頃にアメリカで起こったCADシステムの研究に始まります。日本はアメリカに約10年遅れてからのスタートとなりましたが、大企業が開発し急速に普及してきました。現代のようにパソコンがない頃は、大型のコンピューターを用いるCADシステムが主流でしたが、その後、対象は大型から小型コンピューターへと変わっていき当時は「MICRO・CADAM(マイクロキャダム)」や「Auto CAD」が使用されていました。1980年代に入ってからパソコンを用いるCADシステムのソフトウエアが急速に普及し、現在に至ります。

計には複雑な計算が必要となりますが、CADを使用することでパソコンがその複雑な計算を速く正確に行います。製図用途により2種類のCADがあり、正面図・側面図などの平面的な図を描く2Dと立体的な図を描く3DのCADに分けられます。近年では、3D映画や3Dプリンターといった分野が広がっており、3DのCADはアニメーション化することによってあらゆる分野で活躍できます。このようなCADは、現在でもさまざまな企業が開発し販売していますが、そのなかの「Auto CAD」は、アメリカの企業であるオートデスク株式会社が開発した汎用のCADソフトウエアで、建築設計業界やエンジニア、デザイナーなどさまざまな業界で使用されています。